座長・演者へのご案内

ライブ講演の皆様へ

  • ご担当のセッション開始30分前までに、指定のスタジオの控室へご参集ください。講演に関するご説明をさせていただきます。30分以上前にご来場いただいても、感染管理上、控室の利用はできません。
  • ご来場の際、演者の先生は発表用パワーポイントの入ったPCをご持参ください。また、念のためUSBメモリにも発表用パワーポイントを入れご持参ください。講演配信システムとの接続端子は、「ミニD-sub15ピン」または「HDMI」です。変換コネクタが必要な場合は、ご自身でお持ちください。ACアダプターも必ずお持ちください。
  • 控室でのお食事は、新型コロナウイルス感染防止のため禁止となっておりますので、お食事を済ませたうえでご来場ください。お飲み物(ペットボトルのお水・お茶等)をお取りいただくことは差し支えありません。
  • スタッフの指示がありましたらスタジオに移動いただき、定刻になりましたら進行アナウンスに続き、座長の進行により講演を開始してください。所定の時間内に進行いただきますようご協力をお願いいたします。
  • 参加者からの質問は入力フォームで受け付けます。回答については演者の皆様に一任いたしますので、必要に応じてご回答ください。

発表用パワーポイントの作成について

  • パワーポイントのスライドサイズは、16:9で作成してください。
  • 利益相反に関して、下記に掲載のフォーマットを使用して開示報告を行ってください。発表スライド2ページ目(タイトルスライドの次)にお示しください。
  • 患者個人情報に抵触する可能性のある内容は、患者あるいはその代理人からインフォームド・コンセントを得た上で、患者個人情報が特定されないよう十分留意してご発表ください。
  • 著作権の侵害に抵触する可能性のある画像などの使用につきましては、著作権者からの許可を得るなど十分にご配慮ください。

収録講演の皆様へ(一般演題口頭発表も含みます)

あらかじめご提出いただきました動画ファイルを大会ホームページの「Web学術大会」に掲載し、オンデマンド配信いたしますので、当日のご対応はございません。

講演動画の作成について

  • 座長はオープニング(趣旨説明)とクロージング(まとめ)の動画をそれぞれ作成してください。
  • 演者は発表用パワーポイントを作成後、音声を録音し、動画ファイル(MP4形式・4GB以内)に変換してください。
  • パネルディスカッションの討論につきましては、皆様でZoomなどをご利用いただき、討論の模様を収録いただくことことを推奨いたします。
  • パワーポイント、Zoomでの収録方法につきましては、下記に掲載のマニュアルをご参照ください。
  • 講演収録時間は、あらかじめご案内の講演時間内でお願いいたします。一般演題(口頭発表)は、10分以内でお願いいたします。
  • スライド1枚目に演題名、2枚目に自己紹介(略歴:10行程度、顔写真:任意)5秒程度、3枚目に利益相反(COI)の開示、4枚目以降に発表内容を記載してください。
  • 利益相反に関しては、下記に掲載のフォーマットを使用して開示報告を行ってください。
  • 患者個人情報に抵触する可能性のある内容は、患者あるいはその代理人からインフォームド・コンセントを得た上で、患者個人情報が特定されないよう十分留意してご発表ください。
  • 著作権の侵害に抵触する可能性のある画像などの使用につきましては、著作権者からの許可を得るなど十分にご配慮ください。
  • 作成いただきました動画は、別途メールにてご案内の投稿サイトへ10月9日(金)までにご提出いただきますようお願いいたします。

収録マニュアル

動画の作成についてお困りの際は、下記へお問い合わせください。

木村情報技術株式会社 サポート窓口
TEL:0952-97-9424
お問い合わせフォーム:https://3elive-inquiry.3esys.jp/

ポスター発表の皆様へ

  • あらかじめご提出いただきましたポスターファイルを大会ホームページの「Web学術大会」に掲載し、参加者に自由閲覧いただきますので、当日のご対応はございません。

ポスターの作成について

  • 右図を参考にパワーポイントにて作成後、PDFに変換してください。
  • パワーポイントのスライドは、A0サイズ(幅84.1cm 高さ118.9cm)に設定してください。
  • スライド左上部にポスター番号を記載してください。ポスター番号は、事前に通知しましたPで始まる番号(例:P1-01)です。
  • ポスター番号の右横に演題名、全演者名(筆頭演者に○印)、所属(施設名・部署名)を記載してください。
  • 利益相反に関しては、下記に掲載のフォーマットをご参照の上、ポスター下部に開示報告をお示しください。
ポスターサイズ
  • 患者個人情報に抵触する可能性のある内容は、患者あるいはその代理人からインフォームド・コンセントを得た上で、患者個人情報が特定されないよう十分留意してご発表ください。
  • 著作権の侵害に抵触する可能性のある画像などの使用につきましては、著作権者からの許可を得るなど十分にご配慮ください。

利益相反(COI)に関する開示報告について

本大会では、一般社団法人日本病院薬剤師会 利益相反の申告内容と開示に関する細則に従い、全ての発表に関し、筆頭演者および共同演者の利益相反(COI)に関する開示報告をお願いいたします。

開示すべき内容

  1. 企業や営利を目的とした団体からの報酬等の収入
    (1つの企業・団体から年間100万円を超えるもの)
  2. 株の保有
    (1つの企業の株式による年間利益が100万円を超えるもの、あるいは当該全株式の5%を超えて保有している場合)
  3. 企業や営利を目的とした団体から知的財産権使用料(特許権使用料等)として支払われた収入など
    (1つにつき年間100万円を超えるもの)
  4. 企業や営利を目的とした団体より、会議の出席(発表)に対し、研究を拘束した時間・労力に対して支払われた日当、講演料
    (1つの企業・団体から年間合計50万円を超えるもの)
  5. 企業や営利を目的とした団体のパンフレットなどの執筆に対して支払われた原稿料など
    (1つの企業・団体から年間合計50万円を超えるもの)
  6. 企業や営利を目的とした団体が提供する研究費(受託研究、共同研究、助成金、寄付金)など
    (1つの企業・団体から支払われた総額が年間200万円を超えるもの)

ただし6については、個人への研究費に加えて、共同研究者または発表者が部署(講座、薬剤部、薬局)の長である場合は、当該部署への研究費は、部署の長の収入として申告・開示する必要がある。

開示用フォーマット